便利なキャッシングサービスは事前に金利を計算してから利用しよう

必要な書類をチェック

男女

資金調達の強い味方となるのが事業者ローンです。経営者にとっては運営資金を無担保で借りることができるためよく利用していることが多いといえます。しかし、この事業者ローンで借り入れるときには、事前に必要になってくる物があります。それらを踏まえた上で事業者ローンを選定すれば、スムーズに借りることができるはずです。

まず必要になってくるのが、身分証明となります。これは、運転免許証やパスポートなどの書類です。さらに、本人の実印や会社の実印などの印鑑も必要です。また、法人印鑑の証明や、会社謄本、住民票といった書類も必要になるでしょう。ほかには、会社の決算書なども求められるはずです。こうした書類や印鑑を用意しておくことで、スピーディーな対応が期待できます。お金を早く借りるためのちょっとした工夫といえるかもしれません。

しかし、必要な書類などを提出したからといって、必ず事業者ローンが借りられるとは限りません。事業者ローンの審査に通る必要があります。審査に通れば、最短で2日程度で借り入れることが可能となります。ただし、銀行系の事業者ローンは時間がかかりやすいことが挙げられます。提出する書類も多いので、注意が必要です。銀行系は金利が低いことが魅力ですが、スピードを重視するならば、銀行系以外の事業者ローンを検討する価値が高い場合が多いです。しかし、銀行系以外は金利が高くなる傾向が見られます。融資のスピードか、金利かどちらがメリットがあるかを考えながら選定していくとよいでしょう。